sponsored link

住宅設計図 図面の種類と内容

設計図に使われる線の種類

住宅を設計する際に使われる図面は数種類あります。
それぞれに役割があり、縮尺も決まっています。

一般的に「間取り図」と呼ばれるのは「平面図」のことで、良く目にするのは、この「平面図」でしょう。
そのほかにも、住宅を表す図面はたくさんあります。

ここでは、主な住宅図面を説明しています。

住宅設計図 図面の種類と内容、要点

住宅設計時に描かれる図面を内容と共に表にしました。
「間取り図だけじゃないの!?」と思われるかもしれませんが、立体であるマイホームを表すのには、様々な角度から見た設計図が必要となります。

主な設計図面の名称と製図が表す内容
図面 名称縮尺製図内容・要点
配置図1/100 1/200敷地と建物の位置関係を表す
平面図1/100(1/50)各部屋の配置、設備などの位置、関連を表す
一般的にいう「間取り図」
立面図1/100(1/50)東西南北の各面からみた、建物の立面を表す
断面図1/100(1/50)住居の床仕上げの高さ、天井高などの関連を表す
矩計(かなばかり)図1/20住居の立体的な各部の寸法や材料などを示す
断面詳細図とも呼ばれる
詳細図1/20 その他建物の主要部分の造作寸法や仕上げ材などを表示する
展開図1/50 その他居室内の中央から東西南北の各面を表す

各図面の詳細は、機会があれば紹介していきたいと思っています。
住宅を表す図面はこのほかにも多種にわたりますが、なかでも、配置図・平面図・立面図・断面図は重要視される図面といえます。

このページの先頭へ