sponsored link

住宅の使い方:機能で考える住宅設計

機能で考える住宅設計

住宅は、生活の入れ物となるものです。そのため、家庭生活の内容、考え方が異なれば、住居のあり方も違ってきます。

そのため、「住宅の設計・デザインの基本はこうでなくてはならない」というようなものはなく、設計の段階でも答えは1つではありません。
たとえば設計者が10人いれば、10人それぞれの提案を示すことになるでしょう。

住宅を設計する際は、その住居に住まう人の、住居の使い方を考える上で住人の考え方や個性が反映され、計画されるものでなければなりません。

設計のための条件は、まず住居の使い方を基本に考えることが重要です。

生活行動をゾーンごとにまとめる

間取りを設計する前に、まずは家族の住生活を把握することが大切です。
そのため、家族員それぞれの生活行動をゾーンごとに分けます。

ゾーンとは、「区域、領域」などをあらわします。

また、「団欒」「食べる」「調理する」「休息する」「眠る」「入浴する」「排泄する」など、家族相互の生活行動は多種にわたります。
これらの生活行動を、目的別に分けることで、用途をはっきりさせることができます。

ゾーンニングの代表的な方法には次のようなものがあります。

1については、住宅内の私的空間と公的空間を参照してください。
これらの条件は組み合わせ、相互に関連づけたりすることでで統合化していくようにします。
住宅設計をより良いものにするために設計手法の1つです。

生活ゾーンと動線とのつながりを考える

住宅設計の進め方

生活空間をゾーンごとに把握し、快適な住宅プランに間取りをまとめていくために、平面図上で動線を計画していきます。

間取りの動線計画の進め方の要点は次のような部分です。

ここまでのプランはラフなスケッチでかまわないので、部屋ごとのつながり、動線とのつながりを考察してみましょう。

このページの先頭へ