sponsored link

間取の中の設備スペース

間取の中でも設備スペースは、とりわけ重要な部分として考えるべき場所です。

たとえば「キッチン」は家事の中心となり、「浴室」、「トイレ」などは、家族全員が利用しやすいように間取計画する必要があります。

間取内の配置だけでなく、それぞれの設備そのものの規格などもあり、どのタイプが家族にとって使いやすく、暮らしやすいのかを考えてみましょう。

ちょっとした違いが、作業をする人にとって使いやすいかそうでないかを決めてしまうもの。より、計画性が必要となります。

「キッチン」「浴室」「トイレ」

間取内の設備スペースについて詳しく説明していきます。
ここでは特に、キッチン、浴室、トイレを取り上げました。

間取内の設備スペース

キッチン(台所・厨房)

キッチン・台所

キッチンは、生活様式の変化により、開放的かつ効率的に設計されるようになってきました。

システムキッチンの登場や台所の設備が充実し、使い勝手のよいものが多く出回っています。

一昔前の、土間で作業をする暗いイメージの台所は廃れ、キッチンをリビングやダイニングと結びつけるダイニングキッチン(DK)型の生活様式が一般的になってきています。


キッチンは、住宅内の家事作業の中心となります。
調理作業だけでなく、育児や掃除などにも利用されるキッチンは、住宅の核となります。

そのため、キッチンの位置は、リビング・ダイニングと連携し、通風や換気などの条件を考え、明るく動きやすいように間取設計を計画することが大切です。

とはいえ、キッチンでの主だった作業は調理です。
料理をするための作業の流れを快適にできるよう、機器類を配置しましょう。

一般的に、勝手口や入り口に近いほうから、収納、流し台、調理台、食器洗い機、ガス台・レンジ、配膳台の順番で配列します。

キッチンの配列の形式は大きくわけると次の5つに分類されます。

直列型(I型)
作業台を一列に配置する型。使いやすく設計・計画しやすい、一般的なタイプ。
並列型
作業台を2列平行させて配置するタイプ。作業動線が縮小されるというメリットがありますが、通路的になってしまう傾向があります。
L字型
作業台をL字に配置するタイプ。作業する際の動きが短縮され、効率的で使いやすいタイプ。
U字型
作業スペースをU字型に配置するタイプ。キッチンの広さにゆとりが必要になります。
カウンター型
作業スペースを室内に半島型に突き出したタイプ。作業スペースが間仕切りがわりになり、収納スペースなどを設けることも可能。

また、キッチンの主な設備は次のとおりです。

  • 調理設備(流し台・調理台・ガス台、コンロ・食器洗い場(機)
  • 換気設備(換気扇)
  • 給排水・給湯設備
  • 冷蔵・冷凍設備(冷蔵庫・冷凍庫)
  • 厨芥(ちゅうかい設備)
  • 電気設備

キッチンの間取様式としては、完全な個室としての「キッチン(K)」と食事スペースを兼用した「ダイニングキッチン(DK)型」、リビングまでをプラスした「リビングダイニングキッチン(LDK)型」の3種があります。

浴室・脱衣室・洗面室

浴室、お風呂

お風呂の大好きな日本人。浴室にもこだわりのある間取が増えてきています。

浴室の中に配置される設備は、浴槽、洗い場、シャワー、洗面器や便器などがあります。

身体を洗う、温める、などの機能の他に、バスルームには、身体を休める、リラックスできる、楽しめるなどの効果も期待できる浴室を作りたいものですね。


浴室のタイプには、大きく分けて次の3種類があります。

和風型浴室
浴槽と洗い場をゆとりを持って設計しているタイプ。
洋風型浴室
ユニットバスと呼ばれるもの。シャワー、浴室、便座などをコンパクトにまとめたもの。
和洋折衷型浴室
浴槽と洗い場を効率的にまとめたタイプ。

脱衣室・洗面室は、脱衣や洗面、化粧などの他に、洗濯スペースを併用しているのが一般的です。
洗濯機を置く場所や脱いだ洋服を置く場所を確保しておくことが大切です。

トイレ(便所)

トイレ

生活習慣の変化により、日本人のトイレもしゃがむ姿勢から、西欧式の腰掛型が定着しつつあります。

処理設備も下水道が完備され、汲み取り式やし尿浄化槽を利用することも大分少なくなりました。

トイレの設計ポイントとしては、ただ単に用を足すだけの場所にするよりも、ちょっとした本棚や花を置ける場所などを設けるなどの工夫で、くつろぎの場所としての演出をすることができます。

このページの先頭へ