sponsored link

住宅内の私的空間と公的空間

●生活空間を分けて考える

家族といえども、住宅内にはプライベートな空間も必要です。

間取りを考える上で、家族全員が共用する場と、個人のための私的な生活空間は、ある程度分けて考える必要がでてきます。

生活空間やインテリアの向上とともに、個人空間が重要視されてきている住宅設計。
間取りやインテリアのプランニングの際に重要視されてくる1つ、パブリックスペース(公的な生活空間)とプライベートスペース(私的な生活空間)の特性をそれぞれみてみましょう。

間取りの中のパブリック(公的)スペース

住宅内で、家族員それぞれの交流の場であり、みんなが使う場所のことを指します。

主な部屋として「リビング」「ダイニング」「応接室」などがこれに当てはまります。

リビング(居間)
living.jpg

間取りの中でも中心となるリビングルームは、家族間のコミュニケーションをとる場所であり、家族全員の生活の場所です。

テレビを見たり、談話をしたり、家族がくつろげるようなインテリアを心がける必要があると同時に、時には接客の場ともなるスペースです。

住宅の間取りにおいて、リビングルームは生活行動の中心となり、家族全員が集まりやすい場所にする必要があります。

客間であり、団欒の場であるリビングは、部屋の使い方に多様性がでてくる場所でもあります。間取り内の配置と、インテリアにも、そういった面で気を配ってみましょう。

ダイニング(食事室・食堂)
ダイニング

ダイニングを計画する際には、家事との関連を考え、キッチンに近接するのが普通です。

ダイニングは家族相互のコミュニケーションの上で、重要な役割を担っていますから、リビングとも近接して間取りが作られることが多い部屋です。

食事を取る際には、椅子座にするのか、床座にするのか、インテリアを考える上で、そのあたりも検討してみましょう。

応接室(客間)

住宅を購入する際の心配事の1つに、近所付き合いがあげられるようです。

コミュニケーションが少なくなっている現代社会ですが、親しい家族同士の交流も積極的に行いたいものです。
とはいえ、客間は、家族の生活観や職業、ゆとりなどにも左右される部屋ともいえます。

接客するための部屋というよりも、「予備の部屋」として設計することで、生活空間として、日常生活に取り入れることが必要です。

間取りの中のプライベート(私的)スペース

住宅の中でも、とくに個人の私的な空間のことを指します。

間取り内でも他の部屋から分離された空間でありながら、孤立することなく、パブリックスペースへ来やすい配置にする必要があります。

「夫婦の寝室」「子供部屋」「老人室」などがこれにあたります。

夫婦の寝室
寝室

寝室は、間取りの中でも、他の空間からの独立が最も求められる場所です。

プライバシーの確保とともに、仕事や家事などで疲れた身体を休め、心地より眠りがとれる場所であることが大切です。

また、ちょっとした趣味の空間やものを書く空間、着替え・化粧などをするスペースも計画する必要があるでしょう。
寝室とは別に、書斎などの部屋がある場合は、近接していることで、より過ごしやすい間取り設計になるでしょう。

インテリアの面では、和風の布団敷きにするのか、洋風のベッドスタイルにするのか、また、床座にするのか椅子座にするのかなど、生活様式の面も考えてみる必要があります。

子供部屋
子供部屋

子供部屋は、子供が成長することによって、使い方に変化が出てくるのが特徴です。

寝るための場所であり、学習する場所、そして、社会人として人間として成長するための生活空間として計画する必要があります。

机や本棚などのスペースも考慮して間取り設計、インテリア設計をしてみましょう。

集中してなにかをするのに適した場所である必要があります。

老人室

高齢化社会とともに、これからは、親子の同居や二世帯住宅が増えてくるでしょう。

「老人室」と呼ぶのは、一般的には単身高齢者の部屋を指すことが多く、個室として、さらにはそこがミニチュアの住居として機能する必要がある場合があります。

さらには、病気や怪我など、日常生活に支障をきたした場合でも、快適に生活できることを念頭において、間取りプランやインテリアをかんがえなければいけない場合も多いのが特徴です。

二世帯住宅という考え方になった場合は、キッチンやトイレ、浴室、その他必要な部分が必要なのか、そのあたりもよく考えてみる必要があります。

このページの先頭へ