sponsored link

敷地の形が四角でない場合

敷地の形が四角形でない場合、住宅の設計にも迷うものです。

あまり突飛な形だと、デザイン性はあるものの、
暮らしやすさという点で劣ってしまってはどうしようもありません。

201112-3.jpg

できるだけ、居室部分は四角形になるように、
間取りを設計した例です。

アールのあるおしゃれな間取りなどもありますが、
家具を置く場合などは、やはり平面的な壁が使い勝手が良いと言えます。

間取り図を見ると、変形的に思えるこのような間取りも、
実際に住んでみると、違和感なく暮らすことができます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月 1日

ove (15:13)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

« 自由空間のある間取り図例 | ホーム | 大きなロフトのある間取り図例 »

このページの先頭へ