sponsored link

無駄を省いた2階建て間取り図例

間取りを考える際、部屋数は多いに越したことがない、とお考えの方が案外多いものです。
しかし、敷地面積が限られている以上、細かく部屋割りするよりも、
シンプルに必要なだけの部屋数にすることで、1部屋あたりの面積も増え、掃除などの手間も省け暮らしやすさが増すということがあります。

無駄のない間取り

2階建てですが、個室が2階の2部屋のみ、1階部分はLDKで占められています。

個室数は家族員数によりますが、3~4人程度の家族が住むには良い間取りです。
また、子供が大きくなった時に間仕切りが入れられるように設計しておくという方法もあります。

これから数十年と暮らすことになるマイホームは、将来のことも考えて部屋割りを考える必要があります。
家族因数も増えたり減ったりするものです。
変化に対応できるようにはじめから設計しておくことで、後にかかるコストの削減にもなります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月16日

ove (13:12)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

« リビングが2階にある3階建て住宅 | ホーム | 同居タイプの二世帯住宅 »

このページの先頭へ