sponsored link

基本の間取図 ワンルーム型

間取図・平面図は、数通りに分類することができます。
代表的ないくつかの間取プランを組み合わせ、
個性的なプランを生み出すこともありますが、
基本的には、7~8種類ほどに分類することができます。

間取図プランの中でも、最もシンプルなのが、ワンルーム型です。

夫婦世帯や1人暮らしはシンプルな間取りが住みやすい

ワンルーム型のシンプルな間取りは、家族員数が少ない夫婦だけの世帯や、
一人暮らしの人にとって、住みやすい間取りといえます。
ワンルーム型のまどりの基本図としては、このようになります。

基本の間取り図1

居間と寝室といった主要な居室以外には、設備スペースだけという、
いたってシンプルな間取りですが、
無駄な動線が少なく、使い勝手のよい間取りといえます。
具体的な例として、下のような間取りを参考にあげてみました。

ワンルーム型間取り図例

お客様の少ない家であれば、リビングと寝室の間の壁を、
簡易間仕切りなどで区切ることで、それを取り払ったときに、
広々とした空間を作ることが可能になります。

また、高齢者世帯などは、
玄関から居室までの移動や、
トイレ・バスルームなどの設備までの動線が少ないことも、
バリアフリー住宅として、過ごしやすくなります。

タグ

2012年1月27日

ove (14:53)

カテゴリ:住宅間取図例

このページの先頭へ