アドセンス

2012年11月アーカイブ

子育てに適した間取り図例

間取りは、家族構成によって必要な部屋が決まってきます。
子供が小さいうちは親と同部屋、または兄弟が同部屋でもいいですが、
成長するにつれ、個室がほしくなるものです。

そこで、1階部分を家族の共用スペースとし、
2階にプライベート空間としての個室を設ける間取り図の例です。

子育てに適した間取り図

2階の8畳間は、夫婦の主寝室とし、6畳間が子供部屋となります。
また、1階のLDKの東側の和室は、客間にもなりますし、
ゆったりと過ごせる空間になるでしょう。

この間取り図で、約32.6㎡となります。

タグ

2012年11月20日

ove (15:09)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

中二階を収納スペースに

1階部分にガレージを作った場合、
その上をうまく利用し、中二階として利用することができます。

広めの収納スペースはなかなか取れないものですが、
こういった工夫で無駄なく空間を利用することができます。

中二階が収納スペース

敷地内にガレージを別に作るのが難しい場合にも、
このような設計が利用できますね。

敷地ガ斜頚している場合など、ガレージは盛り上がった部分などにつくる場合もあります。
間取りは平面だけでなく、3Dで考える必要があります。

無駄のない、そして暮らしやすい間取りを考えたいものですね。

タグ

2012年11月18日

ove (15:12)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

二世帯住宅 どんなスタイルが望ましいか?

親も年をとってきたし、そろそろ二世帯住宅を・・・

という方にお尋ねします。

「どんな二世帯住宅を建てたいですか?」


突然こんな質問をされても戸惑うかもしれませんが、
建築前に、これはぜひとも決めておかなければいけないことです。

  • 二世帯がどの程度まじわるのか?
  • どこまでを共有スペースとするのか?
  • 「同居」ではなく「二世帯住宅」にするのはなぜか?
  • プライベートはどの程度確保したいのか?

一口に二世帯住宅と言っても、

▸ 玄関から別になっており、生活空間をすべて分ける「分離型」
▸ 一部を共用し、生活空間を1階と2階などで分ける「共用型」
▸ 寝室以外は共用する「同居型」

などに分けることができます。

これはその家族の考え方、交わり方によって、
一概にどれがいいとは言えないものですが、
建築前によく話し合っておく必要があります。

「本音はなかなか言いにくい」

という人が多いのですが、
建ててしまってからでは、なかなか改築することは難しいもの。

お互いの世帯、家族それぞれ、思うところがあるはずです。
設計の段階で、建築士さんに伝えられるように、
家族同士でよく話し合っておくことが大切です。

タグ

2012年11月 8日

ove (15:00)

カテゴリ:住宅間取図例二世帯住宅

平屋住宅の間取り図例 農家風・古民家風住宅

モデルルームとなっていた、平屋住宅です。

古民家のような、農家風のスタイルをした住宅提案です。

間取り図を見ていただければわかりますが、
通常生活している住宅ではないため、
居室以外の部分のゆとりが多くとってあることがわかります。

一度に多くの人が訪れるモデルルームのため、
ホールや広縁が広々としていますね。

平屋 間取り図例 001

和風の住宅のため、居室も和室。
広縁が昔ながらの農家住宅の趣を演出しています。

農家住宅や古民家住宅は最近人気がありますが、
実際に何十年、時には100年以上も前からあった住宅は、
傷みがひどく、物件も当然減少しています。

そのため、新築住宅にこの様相を取り込む方も増えているようですね。

やはり、昔ながらの日本の住宅というのは、
どこか落ち着くのかもしれません。

大きな納戸が2箇所あり、さらに押し入れもあるため、
収納には困らなそうです。
縁側のある和室でのんびりしながら、外の景色を眺め、
物思いにふける・・・

間取り図をみると、そんなゆったりした情景が浮かんできます。

タグ

このページの先頭へ