アドセンス

2012年10月アーカイブ

二世帯住宅の間取り お隣同士の感覚で暮らす

二世帯住宅を建築すると気に問題になるのは、
どの程度プライバシーを重視するか、
どこを共有にして、どこを分離するか、といったところです。

今回は完全分離型、
お隣同士の感覚で暮らせる間取り図例です。

二世帯住宅

このタイプの特徴としては、
長所として、
・お互いの世帯に干渉しすぎない
・間取りが左右対称なので、何かあった場合もわかりやすい
などがあります。

一方、短所としては、
・コストがかかる
ことがあります。

同居とくれべれば、バスルームやトイレ、キッチンなどを、
お互いに設置しなければならず、
コストがかかるのは当然なのですが(^^;

これから数十年と暮らしていく我が家。
しっかりとお互いに話し合って決める必要があります。
お財布状況ともしっかり相談してくださいね。

タグ

2012年10月27日

ove (15:01)

カテゴリ:住宅間取図例二世帯住宅

4LDK 部屋数の多めの平屋建て

農家住宅や古民家住宅などは、広い平屋建てが多いです。
おじいちゃん、お父さん、息子の3世帯が同居することも珍しくなかった時代は、
部屋数もある程度必要でした。

現在は核家族化がすすみ、家族人数も少なくなっていますが、
家族が5人ほどいれば、この程度の間取りが必要なのではないでしょうか。

平屋建て

3世代同居などの場合、今は大丈夫でも、
将来の介護のことなども考えにいれなければいけません。

平屋建ては上下に移動がない分、バリアフリーとも言えますが、
さらに廊下を広くしたり、あらかじめ手すりをつけるなど、
万が一の場合に備えておくことも考えておきましょう。

タグ

2012年10月11日

ove (14:55)

カテゴリ:住宅間取図例平屋建て・平屋住宅

3階建ての間取り図例 広い収納

3階建ての間取り図例です。
3階建てと言っても、一階部分に居室はなく、
車庫と収納で絞めています。

思い切って、大きな収納を作ってしまうのも、
案外、後々重宝するものです。

3階建ての間取り図例

主な居室は2階と3階になります。

3階建ては、狭い敷地に一戸建てを建てる際に、
無駄なく、土地を利用できる方法です。

例に挙げた間取り図も、1階1階のスペースはさほど広くありません。

出窓やベランダなどを有効に使い、
オリジナリティのある空間を作っていきたいものです。

タグ

2012年10月 5日

ove (15:06)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

このページの先頭へ