アドセンス

2012年9月アーカイブ

完全分離型の二世帯住宅 間取り図例

完全分離型の二世帯住宅とは、
すべての部屋・設備を別々にするタイプの二世帯住宅です。

玄関から別々になるので、双方の世帯のプライベートは保たれますが、
コストはかかってきてしまいます。

目が届く位置に住んでいるけれど、
お互いに干渉しすぎたくない、というご家族向きのタイプです。

nisetai1kai.GIF
nisetai2kai.GIF

左右対称の間取り図のよいところは、
・設計費は最小限で済むところ、
・間取りがわかっているので、親世帯もしくは子世帯に、
 何かあった場合、手が出しやすい
というところでしょうか。

最低限の仕切りだけで広々とした1階部分と、
家族員の個人部屋となる2階部分。

部屋貸しをするのにもよさそうな海外の間取り図例です。

タグ

2012年9月25日

ove (15:03)

カテゴリ:住宅間取図例二世帯住宅

二世帯住宅の間取り図例 吹き抜けでつながる空間

二世帯住宅の間取り図は、
二世帯住宅の間取り図例と3つのパターン」で書いた通り、
3つのパターンがありますが、
1階と2階で世帯を分ける方法は、コスト面から考えても人気です。

ただ、二世帯を分けるだけでなく、
プライベートは保持しながらも、吹き抜けがあることで、
家族のつながりを感じられる間取り図例をあげてみます。

二世帯住宅 吹き抜けのある間取り

親世帯となる1階部分のダイニングキッチンの上は吹き抜けとなり、
子世帯のリビングと空間的なつながりができます。

また、2階のロフトのある洋室は、1部屋にも2部屋にもすることが可能で、
子供の数によって部屋数を簡単に変えられる工夫がされています。

長年住む我が家。
家族構成にも変化が出てくるでしょう。
そんなとき、部屋数を変えやすい、こんな一間があると、
より暮らしやすい間取り図となります。

タグ

2012年9月17日

ove (15:01)

カテゴリ:住宅間取図例二世帯住宅

このページの先頭へ