アドセンス

2012年5月アーカイブ

シンプルな2階建て間取り図例

部屋数は多ければいいというものでもありません。
家族が多ければ、それぞれのプライベート空間も欲しいでしょうが、
夫婦2人世帯や、3人世帯であれば、
むしろ部屋数を少なく抑えた方が、広々として、
暮らしやすいともいえます。

シンプルな間取り図例

1回はLDKのみ、2階に2部屋。
敷地が狭い場合などにも使えそうな間取り図例です。

家の間取りを選ぶ場合、つい3LDKよりは4LDK、といった風に、
部屋数で選びがちですが、
4畳半2間より8畳間が1つの方が勝手が良かったりします。

賃貸住宅の場合も部屋数に惑わされることなく、
住みやすさで選びたいものですね。

タグ

2012年5月28日

ove (15:07)

カテゴリ:住宅間取図例2階建て、3階建て

ウッドデッキのある平屋間取り図例

ウッドデッキのある、平屋の間取り図例です。
建売住宅でも、敷地がある程度取れるものは、
最近はウッドデッキのあるものが多いですね。

ウッドデッキのある間取り

広々としたウッドデッキで、
天気のいい日にどんな過ごし方をしようか、と考えるのも、
これから家を建てる家族にとっては楽しいものです。

パラソルをおいて、ゆったり本を読んだり、
家族でバーベキューをしてみたり、
外の空気を吸いながら過ごす楽しい時間を思い描くことができます。

また、和室の角にある出窓は、ちょっとしたスペースです。
「書斎」を持つのは無理でも、
「書籍スペース」として使用することも可能です。

工夫次第で、楽しみのたくさんある間取りを作ることができます。

タグ

2012年5月22日

ove (15:05)

カテゴリ:住宅間取図例平屋建て・平屋住宅

子供がのびのび遊べる平屋建て間取図例

住宅の中心となる居室といえば、リビングです。
リビングを過ごしやすい空間にすることを意識することで、家族の和が生まれます。

最近の間取りはキッチンにいながらにしてリビングの様子が伺える設計になっているものが多く、小さなお子さんがリビングで遊んでいても、安心してキッチンでの作業ができます。

子供がのびのび遊べる平屋建て

また、広々としたリビングに加え、4畳半の和室が隣接していることで変化が生まれます。
客間としての利用ももちろん可能ですし、リビングからの広がりを感じる間取りになります。

敷地の向きなどにもよりますが、ここでは個室が北向きになっているのが残念ですね。
日当たりを考えると、居室は南側に、水廻りを北側に持ってきたほうが良さそうです。

赤ちゃんが生まれたら考えるのが子供部屋。
特に子供部屋は日当たりのいいのが望まれます。

子供ができたら一戸建てを、と考えている方も多いようですが、なによりももらって嬉しい出産祝いとなりそうですね。

タグ

二世帯住宅の間取り図例と3つのパターン

二世帯住宅には大きく分けて3つのパターンがあります。
「完全共有型」「完全分離型」「部分共有(分離)型」の3つがそれですが、
読んで字のごとく、
完全共有型はすべての設備スペースなどを一緒に使う、いわば同居。
また、これとは反対に、
完全分離型は、すべてを別々にするタイプ、お隣同士の間隔ですね。
その中間が部分共有型ということになります。

もちろん、すべてを分離すればそれだけコストもかかってきます。
かといって、同居には抵抗がある・・・
そんなご家族に、1階と2階で世帯を分ける、という方法がとられます。

二世帯住宅の間取り図例

この場合も、どこまでを共用にするのか、
お互いの世帯同士でよく話し合う必要があります。

キッチンやバスルームは別にするのか、
共用の部屋を設けて世帯の交流の場とするのか、
家を建ててしまってからではなかなか変更しにくいものです。

予算と話し合い、家づくりにはとても大切です(^^)

タグ

2012年5月18日

ove (15:02)

カテゴリ:住宅間取図例二世帯住宅

このページの先頭へ