sponsored link

鬼門とは? なぜ鬼門が嫌われるのか

鬼門(表鬼門)とは、家の中心から北東の方角をさします。

では、なぜ、鬼門は「忌み嫌われる場所」としてみられるのでしょうか。

鬼門(北東)および裏鬼門(南西)が嫌われるのに対し、
東南の辰巳は演技の良い方角とされ「出世門」とも呼ばれ、
また北西の戌亥は金運の良い方角とされています。

鬼門(北東)および裏鬼門(南西)には何があるのでしょうか。

鬼門は「風」と「日射」が原因

北東と南西の鬼門・裏鬼門が嫌われる原因は風と日射です。

北東には冬、冷たく強い風が吹き込みます。
冬の風といえば「北風」を思い浮かべますが、
実際、日本では、北東から風が吹くことが多いのです。

この寒い北東に火をくべる・・・
強い風は火災や不完全燃焼による一酸化炭素中毒の原因ともなりえます。
乾燥している日本の冬は、火の粉が飛び込み、
それが火災の原因になる恐れもあるでしょう。

火事

(いや、無理でしょう(^^;)

昔の人はこのことを経験により知り、
「鬼門の台所は凶である」としたのではないでしょうか。

火災とまではいかなくとも、鬼門に水廻りを置くことは、
湿っぽさ、しけ寒さの原因となります

また、裏鬼門(南西)は逆に夏場の風が問題です。
蒸し暑い風が吹き込み、強い西日が当たるのがこの方角です。
西向きの部屋で生活をしてみるとよくわかりますが、
真夏の夕方などは、とてもムシムシと暑苦しいものです。
もちろん、裏鬼門の台所も凶です。
食品はすぐに腐り、カビや病気の原因ともなりえるでしょう。

鬼門は外敵が攻めてくる方角

古代中国の考え方から鬼門を考えてみると、 「外敵から備える」という考えがあったとも思われます。

中国の歴史的建造物の代表、万里の長城は、
北方民族の侵入を防ぐために建設されたとされています。
中国の歴史を紐解くと、
秦や漢の時代、匈奴が住んでいたのが、まさに北東でした。

家相の発祥地、中国のこのような歴史的背景も、
鬼門が北東であることに関係しているのでしょう。

タグ

2013年2月 4日

ove (13:28)

カテゴリ:家相鬼門

このページの先頭へ