sponsored link

ストレスのある人ほど取り入れたい「香り風水」

住む場所や食べ物を探すことに1日のほとんどの時間をかけていた大昔とは違い、
今の時代は、働いてお金を得、それによる生活というのが成り立っています。

生きていくことに全てをかけていた時代とは異なり、
今は好きなことができる自由がある・・ハズなのですが、
そこまで時間に余裕が取れないという人が多いのではないでしょうか?

現代社会でのストレスは複雑です。
職場での仕事内容、人間関係などのストレス、
子育て、恋愛、今の生き方でいいのかという不安・・・
挙げればキリがありませんね。

そんなときこそ香りに頼ってみるのはいかがでしょうか?
安らぎの香りの代表といえば、「森林浴」。
自然の香りを家の中に置くことで、不思議とリラックスできます。

P1050675_R.JPG

「森林」をそのまま家の中に持ち込むのは無理ですが(^^;
アロマグッズなどを利用して、香りを生活に取り込むことができます。

アロマセラピーなどは大分興味を持つ方が増えてきていますが、
「香りのパワー」に疑問を持つ方もまだまだ多いようです。

香り、つまりニオイは鼻で嗅ぎつけるものですが、
判断するのは「脳」です。
また、脳の中でも古い部分(大脳辺縁系 )で判断されます。

人間が発達しているのは脳の新しい部分(大脳新皮質)ですが、
これはいわゆる理性や感情などを司る部分とされています。

しかし古い部分(大脳辺縁系 )というのは、
本能に基づく行動や直接生死に関わる事柄を判断します。

食べ物が腐っている匂い、発情したメスの匂い・・・などということですね。
人間の五感の中で最も原始的で本能的な感覚が嗅覚とされています。

なんとなく癒されるのも、不快な気分になるのも、香りの影響は大きいもの。
家の中がリラックスできる空間であることにも、香りは役割を果たしてくれるはずです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月 4日

ove (14:02)

カテゴリ:風水香り風水

« 鬼門とは? なぜ鬼門が嫌われるのか | ホーム | 子供の勉強机は長く使えるものを選びましょう »

このページの先頭へ