sponsored link

家相が気になったらリフォームすればいい?

家相は気になる人はとても気にするものですが、
反対に、「そんな占いじみたものは迷信だから」と、
全く気にしない人が多いのが現実です。

しかし、住宅を建築する際には全く家相を気に留めなかった人も、
例えば悩みや病気など、不幸なことが続いたりしたときに、
「家相が悪いせいです。」と誰かに言われたならば、
とっても気になることでしょう。

そんなときには、リフォームすれば良いのでしょうが、
そう簡単にいくのでしょうか?

「家相」とは、そもそもその家に住む家族のためのものであり、
家族構成が変われば、それにともなって家相も変化してきます。


例えば、夫婦と子供の3人世帯に、夫の両親が加わり、
二世帯住宅となった場合は、2組の夫婦が住む家になるため、
家相も2通りとなるでしょう。

家を建てる場合は、ある程度、将来の家族構成なども考えながら、
間取りなどを考えていく必要があります。
その際に家相なども考慮していくわけですが、
全く家相を考慮せずに建てた住宅を、リフォームするのはそう簡単なことではありません。

リフォームする場合は、その間のアパートへの家賃や引越料などもかかります。
「居ながらリフォーム」も不可能ではありませんが、
かえって工期が延び、人件費などの経費がかかることも多いのです。
そのため、むしろ建て替えのほうが安く済むこともあり、
「家相が気になったらリフォーム」は、
経済的にもそう簡単にいくものではないということを理解しておきましょう。

気になり始めるととことん気になるのが家相や風水。
あらかじめ、建築段階でちょっとだけでも相談してみることをおすすめします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月 7日

ove (13:53)

カテゴリ:家相

« 鬼門を避けたい水廻り どう対処する? | ホーム | 家相が優先?暮らしやすい間取りが優先? »

このページの先頭へ